コラム

ジューンブライド

2019年6月20日

NTTデータの植田です。
振込データ一括口座確認機能の設計・開発を担当しています。

唐突ですが、最近、友人(新郎側)の結婚式に参列してきました。新婦は幼い頃からジューンブライドに憧れていたとのことで6月の挙式となったそうです。式の合間に友人の新郎にお祝いの声をかけ、少々話した際に「まだ新居に引っ越したばっかりで、荷解きや住所変更関連の手続きでバタバタしているけど、来月になったら落ち着くので是非遊びに来て」と言われた際にふと思ったのですが、

結婚して名字が変わる

振込先口座名義の変更手続きをする

組戻防止のために本機能が大活躍

ということは6月の取扱い件数は多い傾向にあるのかな、と思って少し調べてみると、そもそも梅雨がある日本では6月は結婚の多い月という傾向はないそうで、天候や気温が安定した5月や11月が多い傾向にあるとのこと。

私の推理は空振りに終わりましたが、口座名義変更による振込不能でお困りの企業・地方公共団体の担当者様は是非振込データ一括口座確認のご利用をご検討ください。

一覧に戻る >