コラム

全国説明会

2018年12月21日

NTTデータ 杉田です。
皆様年末でお忙しいかと思いますが、お元気でしょうか?

さて、私達は現在、契約金融機関を対象とした説明会を全国6箇所で実施しています。
これは毎年実施しているイベントで、もう10年以上続けています。

東京の他に仙台、博多などの地方都市にうかがっていますが、今年印象的なのはどこも海外からの観光客の方々が多いということです。
それは10年前に比べてだけでなく2~3年前に比べても増えていると感じ、近年のインバウンドの波は地方都市にまで拡大していると実感いたしました。
東京オリンピック・パラリンピックに向けてその流れは続くでしょうし、外国人労働者受け入れ拡大が進むとこの流れはより加速すると思われますが、一方で日本人は一層の高齢化が進み、ITリテラシーの高い若者と、そうでない高齢者の二極化が起こるかもしれません。

いずれにせよ、10年後に私達を取り巻く環境は大きく変化しているものと思われます。
それにより、ATMやインターネットバンキングに求められる機能、操作性も変わっているかもしれません。
私達はそれらに追随し柔軟に対応して行くことが大切だと考えます。

統合ATMスイッチングサービスも、エンドユーザや金融機関の皆様の利便性向上につながるようなサービスを柔軟に提供して行く所存です。
今後の統合ATMスイッチングサービスもぜひよろしくお願いします。

一覧に戻る >